自作モデルでロボゲー開発するための、備忘メモ的なブログです。
参考になる内容があれば、ご活用ください。

スポンサーリンク
Unreal Engine 5

【UE5】アニメーションカーブの修正方法

Unreal Engine 5でシーケンサーを使っている際に、最初のフレームのキーをコピーして最後のフレームに貼り付けても、途中のフレームで動きが発生することがあります。 この現象は、シーケンサーでキーを打たなくても、カーブエディタで修正できます。
Substance 3D Painter

【SP】テクスチャ作例:バンドで束ねたケーブル

Substance Painterで、バンドで束ねたケーブルを描いてみました。 Heightで凹凸をつけて、ColorとRoughnessでケーブル間の隙間を表現します。
Substance 3D Painter

【SP】テクスチャ作例:換気口

Substance Painterで、吸気や排気のための換気孔を描きます。 Color、Height、Roughnessで、穴と周辺形状を表現します。
Blender

【Blender】UV展開スペースを広げる方法

テクスチャをUDIM(U Dimension)化すると、1つのマテリアルに複数のUDIMタイルを割り当てて、UV展開のスペースを広げることができます。 この記事では、UDIMテクスチャとしてSubstance 3D PainterにインポートするためのUV展開を、Blender内で行う方法を解説します。
Unreal Engine 5

【UE5】エイムオフセットの作り方

Unreal Engine 5で、ベースとなるアニメーションに異なるアニメーションを加算する、エイムオフセットの作り方です。 ここでは「歩行」と「待機」をブレンドスペースで合成したアニメーションに、エイムオフセットで「下半身の回転」を加算します。
Substance 3D Painter

【SP】テクスチャ作例:リベット/六角ボルト

Substance Painterで、表面のリベットの頭と六角ボルトの頭を描きます。 アルファチャンネルに設定した形状で、Heightをつけて凹凸をつけて表現します。
Substance 3D Painter

【SP】テクスチャ作例:金網形状

Substance Painterで、ダクトの入り口に取り付けるような金網形状を描きます。 Heightとフィルターで凹凸を作り、ステンシルで網目を描いて、金網形状を表現します。
Substance 3D Painter

【SP】テクスチャ作例:溶接痕/溝形状

Substance Painterで、線上の溶接痕と部品間の溝形状を描きます。 Heightやフィルターを使って溶接ビードの凹凸や、溝の凹みを表現します。
Substance 3D Painter

【SP】テクスチャ作例:六角穴付きボルト

Substance Painterで、テクスチャに穴に締め込んだ六角穴付きボルトを描きます。 Heightやフィルターで段差を表現したり、色で隙間の暗い部分を表現します。
Substance 3D Painter

【SP】基本的な機能の操作と設定

Substance Painterを初めて触る人向けに、レイヤーやマスクの追加、左右対称にペイントする機能などをまとめています。
スポンサーリンク